【大阪肥後橋で男性に人気のプライベートジムRise】筋肉を肥大させるために必要な負荷は?

2019/06/24 筋肉肥大・バルクアップ
筋肉を肥大させるために必要な負荷は?

大阪肥後橋の肉体改造専門のプライベートジム Riseライズです。

 

今回は筋肉を肥大させるのに必要な負荷について話していきます。基本的に筋肉を肥大させるのに「高強度の負荷」が必要になります。

 

一つのトレーニングを1セット行うときに、「これ以上はで上げることができないという全力」を出し切ってできる回数が「6〜10回」程度できる重量設定していきます。

 

回数は前後しても大丈夫ですが、1〜2回とあまりにも少ない回数になったり、20回以上できる重さだと筋肉肥大に適する負荷になりませんので、重さの調節が必要です。

 

初心者の方だと重さが重すぎるとフォームが崩しながら、無理やりやってしまう方も多いです。その場合は負荷を軽めにし、フォームが崩れない範囲でやる必要があります。

 

フォームを崩して、無理やりやってしまうと怪我をしたり、目的の筋肉が刺激されずに、別の筋肉にばかり刺激が入ってしまうこともあるので、注意が必要です。

 

最後の力を振り絞る時などに、フォームが崩れてしまう自覚のある方は、まずはフォーム固めを先にする方が良いので、重量は軽めに設定して、反復で練習していきましょう。

 

その場合は回数が多くなっても良いので、まずは目的の筋肉への刺激が上手く入ってるかを確認しながら、やっていきましょう。

 

肩のトレーニングで人気のレイズ系などはフォームが特に難しいので、軽めの負荷で丁寧にやることをお勧めします。

 

Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。

 

肉体改造専門プライベートジム Riseライズ

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分