【大阪肥後橋のバルクアップ専門プライベートジム Rise】トレーニングの質をアップ!最大可動域でのトレーニング

2019/12/28 筋肉肥大・バルクアップ
トレーニングの質をアップ!最大可動域でのトレーニング

大阪西区で肉体改造専門パーソナルジムRiseのパーソナルトレーナー住田です。

 

 

トレーニングで筋肉に刺激を効率的に与えるためには可動域を十分に取ることが大切です。

 

 

例えばベンチプレスの場合、多く見られる説明は胸までバーを下ろして肘が伸びきる手前まで腕を伸ばすというものです。

 

 

特に肩や肘、手首などに痛みが出ない場合はしっかりと胸までバーを下ろした方が胸の発達には効果的であると言えます!!

 

 

トレーニングの強度を上げるためには、重量・セット数・レップ数を増やす以外に1レップの可動域を増やして筋肉に刺激が与えられている時間を長くすることも重要です。

 

ベンチプレスの場合は胸までバーを下ろさないと、下ろした時よりも1レップの時間が短くなり負荷が軽くなってしまします。

 

 

ただここで注意点なのですが、関節に痛みが出るまで可動域を広げないことです。

トレーニングの最大可動域は関節に痛みがない範囲ということを心がけてください。

 

よくベンチプレスで肩が少し痛む中でも胸までバーを下ろしているということを聞きます。

 

関節に痛みが出る中でトレーニングをしてしまうとトレーニングができなくなるほどの怪我の原因になります。

 

 

痛みの出ない中で一番広く可動域を取れるように意識できるとバルクアップには効果的です!

 

 

 

ダイエット・ボディメイク専門パーソナルジム Rise

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分