[大阪にあるバルクアップパーソナルジムRise]バルクアッププログラムでまず最初に行うこととは?

2020/08/21 筋肉肥大・バルクアップ
バルクアッププログラムでまず最初に行うこととは?

大阪西区で肉体改造専門パーソナルジムRiseのパーソナルトレーナー住田です。

 

 

現在、モニターO様のプログラムが進んでおります!

 

トレーニングではベンチプレスの重量アップのため、フォームを改善することを重点的に行っています!

 

どんどんフォームも定着してきて、重たいものでも安定して動かせるようになっています!

 

食事管理の面では現在は体脂肪率を減らすことを目標に行っています!

 

ここでバルクアッププログラムの大きな流れを紹介させていただきます。

 

 

 

バルクアッププログラムの流れは

 

 

1、余分な体脂肪を減らす

 

2、体重を維持できる食事量を確認する

 

3、トレーニングで力の出やすい食事に変更する

 

 

 

 

 

大きく分けてこの3段階があります。

 

 

今回は余分な体脂肪を減らすという項目の目的について書いていきます。

 

 

まず余分な体脂肪を減らすということから行う目的は

 

①筋肉の増えやすい体脂肪率まで身体を変化させる

 

②筋肉がどのようについているのかを確認しやすくする

 

③常に絞れた身体をキープするために体脂肪の落とし方をマスターする

 

以上の3点です。

 

 

 

 

まずは①ですが筋肉は体脂肪率が12〜15%の間が一番増えやすいとされています。

 

 

この範囲は一般的な体脂肪率と比べるとかなり低い数値であるためほとんどの方は体脂肪を減らさないと効率的に筋肉を増やしやすい体脂肪率にはならないことを意味しています。

 

 

 

 

続いて②ですが、身体に余分な脂肪がついていると全体の筋肉がどのようについているのか脂肪に隠れて把握しにくくなります。

 

 

 

筋肉のつき方や発達の仕方には個人差が大きくあり、身体全体を効率的にバルクアップさせるためにはこの個人差を把握し計画的にトレーニングをしていく必要が有ります。

 

 

 

筋肉を隠してしまう体脂肪を落とすことによって、身体の現状把握がしやすくなり、その後の計画を立てやすくなります。

 

 

最後に③ですが、バルクアップを行う上での大きな失敗と言えるのが筋肉と同時に脂肪も増えてしまい理想の身体から離れてしまうことが挙げられます。

 

 

確かにバルクアップを行う上で多少脂肪がついてしまうのは仕方ない部分もありますが、その時に体脂肪を減らす方法を身につけていないと脂肪をずっと落とせない状況になります。

 

 

 

また体脂肪を落とすための食事管理は身体創りのベースとなるもので、それを軸にしてバルクアップしやすい食習慣を作ることができます。

 

 

 

以上のような理由からバルクアッププログラムでは余分な脂肪を減らすところから始めていきます。

 

 

O様も毎日外食を行いながらでもどんどん体脂肪率が落ちていて、ウエアを着ていながらでも筋肉の形が出てきています!

 

 

体脂肪率の落ちもすごくいいので3週間程度で10%台まで落とすこと目標に食事管理に取り組んでいただいています!

 

 

体脂肪率が10%台になった際に一度ビフォーアフターの写真を撮りブログにアップさせていただきます!