【大阪中之島のバルクアップ専門パーソナルジムRise】バルクアップの秘訣 “筋力”と“筋量” 違いと鍛え方2021/9/13バルクアップトレーナー日誌

2021/09/14 筋肉肥大・バルクアップ
バルクアップの秘訣 “筋力”と“筋量” 違いと鍛え方2021/9/13バルクアップトレーナー日誌

大阪西区で肉体改造専門パーソナルジムRiseのパーソナルトレーナー住田です。

 

 

2021/9/13の自主トレと業務内容

 

自主トレ 胸・肩の日

 

①インクラインバーベルベンチプレス(30度程度)3セット

②フラットスミスマシンベンチプレス       3セット

③ベントオーバーリアレイズ           3セット

④ケーブルリアフライ              3セット

 

 

 

 

今回は第一種目のベンチプレスで過去最高の回数を上げることができました!

 

 

 

 

ベンチプレスはその日の気分によって重量は同じでも効かせる日挙上スピードを速くする日を変えており挙上スピードを重視する日の方が1セットの回数は上がりやすいです!

 

 

 

トレーニングは効かせることも大事ですが、複合関節種目ではパワーを大きく出すことも重要と感じています。

 

 

筋トレである種目の重量アップを目指す場合、方法としては筋肉量を増やすことと神経系を強くすることの大きく分けて2つあります。

 

 

 

筋肉は量が増えれば力もアップすることは想像しやすいと思います。

 

 

 

神経系を強くするというのは、同じ筋肉量で力をたくさん出せるようになるということです!

 

 

 

オリンピックの重量挙げなどは体重で階級が分かれていますので、より少ない体重で重たい重量を挙げる必要があり、神経系を鍛えて競技に臨んでいるといえます。

 

 

 

神経系が強くなればその分、使用重量がアップし筋肉への負荷を上げることができます。

 

 

 

筋肉への負荷が増えるということは筋肉の成長に大きく貢献するため、各部位のトレーニングで第一種目は神経系も鍛えられるようなパワーの出しやすい種目を選択しています。

 

 

 

 

 

業務内容としては

 

 

 

バルクアップ   2名

ダイエット    4名

 

 

 

この日はダイエットプログラム中のお客様も指導させていただきました!

 

1ヶ月半程度でゴルフの際に使うベルトの穴の位置がどんどんと絞れていったようです!

やはりお腹周りは変化が出やすいですね!

 

 

残り少しですがこの調子でさらに絞っていきましょう!

 

 

 

バルクアップ専門パーソナルジム Rise

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分