【肥後橋のバルクアップ専門パーソナルジムRise】もう失敗しない! ダイエットから バルクアップへの 食事の変え方!!2021/9/27バルクアップトレーナー日誌

2021/09/28 筋肉肥大・バルクアップ
もう失敗しない! ダイエットから バルクアップへの 食事の変え方!!

大阪西区で肉体改造専門パーソナルジムRiseのパーソナルトレーナー住田です。

 

 

 

2021/9/27の自主トレと業務内容

 

 

自主トレ 胸・肩の日

 

 

 

①インクラインバーベルベンチプレス(30度程度)3セット

②フラットスミスマシンベンチプレス       3セット

③ベントオーバーリアレイズ

→フェイスプル                 3セット

⑤ケーブルリアレイズ              3セット

 

 

 

 

今回もバーベルベンチプレスで大幅な回数減はなく、しっかりと力を出せました!

 

 

僕の中で減量中に筋肉が落ちていないかの判断でバーベルベンチプレスを基準にしているので今回も回数が減らずに安心しました。

 

 

 

 

業務内容としては

 

 

ダイエット   2名

 

 

以上のお客様にお越しいただきました!

 

 

 

今回のお客様の中に、もう少しでダイエットの目標を達成できそうな方がいらっしゃったので、次の目標をどのようにするかというヒアリングを行いました。

 

 

 

体脂肪率もかなり減ったので今後は体重を維持したまま筋肉をつけていきたいとご要望をいただきましたので、次の目標を達成するために今の生活から食事とトレーニング面でどのような変更が必要か指導もさせていただいております。

 

 

 

ダイエット期からバルクアップ期の移行の際に最も気をつけないといけないことが、一気に体重を増やしすぎないということです。

 

 

 

 

筋肉は年間に約2kg程度しか増えないとされていますが、ダイエット期が終わった反動で食べすぎると1日で2kg程度は軽く戻ってしまい、それが3週間程度続くと体重が落としにくくなります。

 

 

この増加は筋肉ではなく脂肪が増えたことが原因の場合が多く、せっかくのダイエットの成果が数週間で無かったことになる可能性が十分にあります。

 

 

 

弊社ではダイエット期からバルクアップ期に移行する際に4週間程度かけて体重がキープできる食事量を探す期間を設けています。

 

 

 

ダイエット期からバルクアップ期に移行する際のポイント

 

 

○1週目

ダイエット期の食事に炭水化物を100g程度追加する。

 

○2週目

1週目の食事に炭水化物を50g程度追加する

 

○3週目

調理方法の制限をなくす

 

○4週目

一週間のうち1食だけ好きなものを食べて

どの程度体重が増えて何日で戻せるのかを検証する。

 

 

 

上記の流れでリバウンドせずスムーズにバルクアップに移行できるサポートを行います!

 

 

 

バルクアップをしようと食事量を増やしたものの、脂肪が一気に増えてしまった方は上記の流れを参考に徐々にバルクアップへと食事を変更できるとリバウンドしにくいですよ。

 

 

バルクアップ専門パーソナルジム Rise

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分