【肥後橋で増量・筋肉肥大専門パーソナルジム Rise】筋肉量は増やしたいけど太りたくない人のための3つの対策

2021/11/30 筋肉肥大・バルクアップ
筋肉量は増やしたいけど太りたくない人のための3つの対策

大阪西区の肉体改造専門プライベートジムRiseです。

 

今回のテーマは「筋肉量は増やしたいけど太りたくない人のための3つの対策」です。

 

「バルクアップはしたいけど、顔がパンパンになったり、脂肪で太るのは嫌だ」

 


このように、見た目が悪くなってしまうことに対して、抵抗のある方は多いと思います。

 

今回紹介する3つの対処法を行うことで、余分な体脂肪をのせずに筋肉量を増やすことが期待できます。

 

カッコ良い見た目を保ちつつ、バルクアップを進めていきましょう。

 

筋肉量を増やしつつ、太らないための3つの対処法

 

  1. 毎月の増量幅を計画的に決める
  2. 低脂質&高タンパク食でバルクアップを行う
  3. トレーニング頻度を増やす

 

では、ひとつずつ解説していきます。

 

1.毎月の増量幅を決める

 

毎月の増量幅を決めることで、大幅に体重が増えてしまう対策をすることができます。

 

多くの方は、減量幅は決めていても増量幅を決めていません。

 

結果、増量中、食事内容が乱れ、気づかないうちに大幅な体重増加へとつながり、太ってしまいます。

 

なので、毎月の増量幅を決め、体重が増えすぎてしまいそうな場合は、食事量を調整し、増量幅が増えすぎないように注意しましょう。

 

余分な脂肪の蓄積を抑えるには、1~2kg/ひと月の増量にとどめることがおすすめです。

 

2.低脂質&高タンパク食でバルクアップを行う

 

減量食(低脂質&高タンパク食)のまま食事量を増やし、バルクアップすることで、大幅にカロリーが増え、太ってしまうことを防ぐことが可能です。

 

バルクアップ中に細かい食事管理を行っている方は少ないと思います。

 

しかし、食事管理を行わずに自由に食べて、脂肪を付けずにバルクアップすることは難しいです。

 

クリーンな食事を維持し、食事量だけを増やすことで、お菓子や揚げ物など高カロリーな食材の摂取を制限することができ、太ってしまう対策をすることができます。

 

それでもジャンクフードが食べたい!という人は、週一回など期間を決め、好きな物を食べるようにしましょう。

 

3.トレーニング頻度を増やす

 

トレーニング頻度が週2〜3回の方は、週5~6回などに増やしてみてはいかがでしょうか。

 

消費カロリーを増やし、筋肉量を増加させることで、基礎代謝(運動しなくても毎日消費されるカロリー)も同時に上げることができ、体脂肪をなるべく付けずに筋肉量を増やすことが可能です。

 

バルクアップするためには、食事に加え、トレーニングが重要です。筋肉に負荷を与え、筋繊維を壊し、回復することで筋肉が成長します。

 

筋肉量が増えることで、バルクアップできるとともに基礎代謝や消費カロリーが増えることで、トレーニング頻度が少ない状況よりも太りにくい体質を作ることが期待できます。

 

食事管理と並行し、トレーニング頻度も増やしていきましょう

 

まとめ

 

筋肉量を増やし、体脂肪をなるべく付けずにするための対処法は、下記の通りです。

 

  1. 毎月の増量幅を決める
  2. 低脂質&高タンパク食でバルクアップを行う
  3. トレーニング頻度を増やす

 

今回紹介した方法を実践することで、見た目をカッコよく維持し、筋肉量を増やすことが期待できます。

 

ひとつずつ試し、ご自身に合った方法を見つけることがおすすめです。

 

筋肉で体を大きくさせたい方はこちらをご覧ください↓

【大阪で筋肉肥大・バルクアップするならパーソナルジムRiseが一番おすすめです】

 

 

Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。

 

肉体改造専門パーソナルジム Riseライズ

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分