【大阪阿波座のダイエットで人気の個室パーソナルトレーニングジムRise】ダイエットするときにおすすめのプロテインの飲み方

2019/07/20 ダイエット
ダイエットするときにおすすめのプロテインの飲み方

大阪阿波座のボディメイク専門の個室パーソナルトレーニングジム Riseライズです。

 

今日のテーマは「ダイエットするときにおすすめのプロテインの飲み方」です。

 

①太るプロテインの飲み方

 

②ダイエットのときに選ぶプロテインの種類

 

③痩せるプロテインの飲み方とタイミング

 

よくプロテインを飲むと太ったということを聞きますが、話を聞くと太る飲み方をしている人が多いです。

 

①プロテインの太る飲み方をしている人は以下の人です。

 

⑴毎回、牛乳でプロテインを割って飲んでいる。

 

牛乳でプロテインを割ると美味しくて、飲みやすいですが、その分牛乳に含まれる脂質や糖質も一緒に摂ることになるのでエネルギー量としては多くなります。

 

⑵食事を気にせずに、食事にプラスαでプロテインを飲んでいる。

 

食事でたんぱく質が足りているのに、そこにプラスαでたんぱく質を摂ると過剰摂取になり、これもカロリーを摂りすぎる要因になります。

 

プロテインは直接的に体脂肪を増やす要因にはなり得ません。

 

というのもプロテインはあくまでたんぱく質を摂りやすくするために、無駄な栄養素を省いている栄養補助食品になります。

 

お肉などでたんぱく質を摂ろうとしても、脂質も含まれることが多いので、無駄なエネルギーを摂り過ぎてしまうことがあります。

 

そんなときにプロテインにすると無駄にエネルギーを摂り過ぎずにすみます。食事から補いきれないたんぱく質を手軽に摂取できるのが、プロテインです。

 

②ダイエット時に選ぶプロテインの種類

 

プロテインの種類は大きく分けると3種類あります。

 

①ホエイプロテイン(乳たんぱく)一番普及されている吸収率が高いプロテイン

 

②カゼインプロテイン(乳たんぱく)吸収がゆっくりのプロテイン

 

③ソイプロテイン(大豆たんぱく)吸収がゆっくりの植物性プロテイン

 

ダイエットで考える場合には、吸収がゆっくりの②カゼインプロテイン③ソイプロテインがおすすめです。

 

乳糖が苦手な方や植物性が良いという方はソイがおすすめです。吸収がゆっくりになるので腹持ちもよく、少しずつ体に吸収されるので太りにくくなります。

 

③痩せるプロテインの飲み方とタイミング

 

痩せるプロテインの飲み方

⑴水

⑵牛乳・豆乳

⑶コーヒー

 

⑴、⑶の飲み方だとプロテイン以外の余計なエネルギーはなくなりますので、ダイエット時にオススメの飲み方になります。⑵の飲み方だと腹持ちがかなりよくなりますし、満足感もあるので食事代わりに最適です。

 

痩せるためにプロテインを飲むタイミング

 

⑴朝食を摂っていない人は朝食がわりにプロテインを飲む

 

この場合は⑵の牛乳や豆乳で割って飲むと良いです。朝食を摂っていないと朝一の体の代謝量も上がりませんので、食べるのが苦手な人はプロテインを飲むと時間もかからないですし、おすすめです。

 

⑵夕方のおやつ代わりにプロテインを飲む

 

夕方は晩御飯までお腹が空くので、そのときにおやつを食べるよりはプロテインを飲んであげると体にも良いし、ダイエットにも良いです。

 

⑶晩御飯の代わりの代用食として、プロテインを飲む

 

晩御飯は1日のうちで一番食事量が多くなってしまいがちですので、このタイミングをプロテインで晩御飯代わりにすると一番体重も落ちやすくなります。夜はお腹が空きやすいので、牛乳や豆乳で割ったプロテインにすると腹持ちもよくて良いですね。

 

Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。

 

ボディメイク専門・個室パーソナルトレーニングジム Riseライズ

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分