【大阪中之島でおすすめのパーソナルジムRise】ダイエットの8つの落とし穴

2019/09/07 ダイエット
ダイエットの8つの落とし穴

大阪中之島の隠れ家パーソナルジム Riseライズです。

 

今回のテーマは「ダイエットの8つの落とし穴」です。

 

日常生活でダイエットを妨げる要因を理解して、自分が当てはまっていないか確認してみましょう!

 

①食べ物を衝動買いしてしまっている

②早食いをしている

③夜遅くに甘いものやお菓子を食べる

④飲み物でカロリーを摂っている

⑤間食に食べているものに無頓着

⑥ストレスが溜まっている

⑦低脂肪・低糖質などの表示に惑わされている

⑧うわのそらでご飯を食べている

 

 

①食べ物を衝動買いしてしまっている

 

その時に食べたいと思ったものを買ったり、無駄に食べ物を多めに買ってしまうことで、いつもよりも多い量を食べてしまうことがあるので気をつけていきましょう。

 

食品を計画的に買い物をする習慣をつけましょう。無駄遣いをなくすことにもつながります。

 

②早食いをしている

 

早食いをする習慣のある人は太りやすい人になります。早食いをすることで、食事の満足感と満腹感を感じることができずに、ジャンクフードなどを食べてしまうことあります。

 

ゆっくりとよく噛んで食べて、食事を味わうことを意識しましょう。

 

③夜遅くに甘いものやお菓子を食べる

 

夜遅くに食べることで、あとは寝るだけのタイミングだと、エネルギー消費されることなく、体脂肪として蓄積されることになります。

 

夜が一番太りやすいタイミングですので、気をつけていきましょう。

 

④飲み物でカロリーを摂っている

 

食べている量は少なくても、意外と飲み物でカロリーを多量に摂取していることがあります。

 

ジュースや甘い炭酸飲料、カフェでのドリンクなど、食事以外でのエネルギー摂取量も気をつけていきましょう。

 

⑤間食に食べているものに無頓着

 

ご飯ではない時にお腹が空いて、間食時にわりと多くお菓子などを食べ過ぎたり、ジュースなどを飲んでいたりと無駄に多くエネルギーを無意識で摂っていることも多くあります。

 

しっかりと自分が間食で何を食べているか、飲んでいるかなど把握をしていきましょう。

 

⑥ストレスが溜まっている

 

ストレスが多く溜まっているとそのストレスを解消するために、別の快楽を得ようと食べ過ぎやジャンクフードを食べてしまうということが多くあります。

 

ストレスが多くあるときも食欲以外での発散方法で、解消していきましょう

 

⑦低脂肪・低糖質などの表示に惑わされている

 

低脂肪や低糖質の表示がされているから、「これなら大丈夫」と逆に量を食べ過ぎてしまっている方がいます。

 

せっかく食品を選んでも量を多く食べ過ぎてしまっては、元も子もない状態ですので、商品表示に惑わされないように気をつけましょう。


 

⑧うわのそらでご飯を食べている

 

テレビを見ながらやパソコン作業をしながらの食事をしていると、自分の食べている量が意識できずに食べてしまう傾向があります。

 

実際にながら作業での食事では、食べたことを記憶できずに、食後に空腹感を感じてやすくなります。

 

ダイエットの8つの落とし穴はいかがでしたでしょうか?当てはまっていたことがあった方は、意識して気をつけてみてください。

 

Rise(ライズ)では肉体改造のプロが筋力トレーニングと食事の管理をサポートさせて頂いております。お気軽に無料カウンセリング・体験トレーニングのお問い合わせくださいませ。

 

肉体改造専門パーソナルジム Riseライズ

阿波座駅1番出口徒歩5分・中之島駅1番出口徒歩10分・肥後橋駅7番出口徒歩10分・本町駅28番出口徒歩15分